カテゴリ:アート art works( 13 )


2010年 07月 30日

21世紀の縄文人展搬入

今日は21世紀の縄文人展の搬入でした。
無事に会場設営が終わりほっとしました。
会期は8月3日から・・。
カメラを持って行くの忘れたので画像は無し。
会期が始まったら撮りに行こう。
なかなかおもしろい作品が出来たので今後の展開が自分でも楽しみ。
f0206915_1720182.jpg

[PR]

by morikaji | 2010-07-30 17:22 | アート art works
2010年 02月 07日

雪の中

久しぶりに清里フォトアートミュージアムに足を運びました。
夏の設置した作品も少しずつ錆びが出てかなり雰囲気が出て来ました。
雪の中にたたずむ様子もいいのではないでしょうか。
屋外の作品の場合、季節によって作品の見え方が違ったり雨風にさらされ作品自体も表情を変えていくおもしろさがあります。
f0206915_11562177.jpg

[PR]

by morikaji | 2010-02-07 12:01 | アート art works
2009年 11月 08日

看板 秋田・森のテラス

秋田県北秋田市阿仁川沿いを走る国道105号。田園里山風景がつづく中に「森のテラス」と言うオープンガーデンがあります。
ガーデンには木道が続き所々にテラスが配置されていてそれぞれのポイントから景観を楽しむも良し、足下の植物などを楽しむ事も出来る。
今回はこちらの看板を制作をさせて頂くことになりました。
f0206915_6435882.jpg
写真は里山を背景に森のテラスの多目的の小屋とそこに続く木道。里山もすべて森のテラスの一部。
f0206915_6474619.jpg
水は里山からの湧き水。山の生態系を守る事できれいな水を守る事が出来る。敷地内には田んぼもありちょうど脱穀が終わったところでした。
さて看板です。
自然、木道。そのコントラストがこのガーデンの特徴です。このイメージを看板で表現する事を意識してデザインをする事にしました。というかデザインが表に出ないデザインを心掛ける事にしました。
最終的に厚さ9ミリ高さ1.8、幅5mの一枚板を使用する事にして、手書きの文字を切り抜くことに決め、制作の段取りにうつります。
構造は地元の鉄工所に制作を依頼する事にして、鉄工所探し。偶然見つけた鉄工所で話をすると快く引き受けてくれた。この鉄工所との出会いがなければスムーズに行かなかっただろうと思うほど話がよく伝わる(ニュアンスが伝わる)人で、最後まで制作をまかせる事が出来ました。
1000キロを超える鉄板に文字を手書きしてガス溶断で切り抜きました。
f0206915_6504560.jpg
写真は文字を切り抜いた様子。小口の厚さがポイントになって来ます。
f0206915_7103381.jpg
看板の全景です。微妙に角度がついています。手書きの文字と直線的な鉄板とお互いが協調しあるバランスを作り出してみました。雪の多い秋田の冬を越すときっときれいなサビが出てきます。その時点でようやく完成です。あとは自然に仕上げを託して私の仕事はここまでです。
来年、再び現場に足を運ぶのが楽しみです。
森のテラスについてはホームページをご覧下さい。
番人小屋には宿泊も出来ます。
http://www.moritera.com/akita/akita-moritera.htm
[PR]

by morikaji | 2009-11-08 07:19 | アート art works